内職の現状について

内閣府の統計データからの抜粋とコメントです。

家内労働実態調査

  • 家内労働者の平均年齢は53.3歳、平均経験年数は11.3年
  • 1か月の平均就業日数は18.9日、1日の平均就業時間数は5.6時間
  • 1か月の平均工賃額は5万0,223円

 

(1) 平均年齢及び平均経験年数

家内労働者全体の平均年齢は53.3歳で、男性は62.3歳、女性は52.6歳となっており、類型別にみると、専業は57.4歳、副業は50.6歳、内職は53.1歳となっている。
家内労働に従事してきた平均経験年数は11.3年であり、男性では20.3年、女性では10.7年であった。類型別には、専業は24.3年、副業は6.4年、内職は10.5年となっている。

意外と高年齢ですね。 若いお母さんが、育児をしながらやっているイメージだったんですが・・

(2) 1日の平均就業日数及び1日の平均就業時間数

平成12年9月における家内労働者1人当たり平均就業日数は18.9日で、男性では20.9日、女性では18.8日である。類型別にみると、専業は23.4日、副業は16.0日、内職は18.7日となっている。
家内労働者1人当たりの1日平均就業時間数は5.6時間で、男性は7.8時間、女性は5.4時間であり、類型別には、専業は8.5時間、副業は3.8時間、内職は5.4時間となっている。

(3) 平均工賃額

平成12年9月分の家内労働者1人当たりの平均工賃月収額は5万0,223円で、男性では14万0,786円、女性では4万3,214円であり、類型別には、専業は16万8,329円、副業は3万2,952円、内職は4万2,156円となっている。
なお、1か月の平均工賃額を1時間当たりに換算してみると498円で、男性では823円、女性では473円であり、類型別には、専業は859円、副業は767円、内職は466円となっている。

時給は思ったより高いですね。

(4) 家内労働を選んだ理由

家内労働者が家内労働を選んだ理由をみると、「都合のいい時期・時間に働けるから」が64.1%と最も多く、次いで「家事・育児等のため外で働けないから」 が、26.6%となっている。男性では、「都合の時期・時間に働けるから」が41.5%で最も多く、次いで「外に出て働きたいが適当な就職口がないから」 が26.2%、女性では「都合のいい時期・時間に働けるから」が65.8%と最も多く、次いで「家事・育児等のため外に出て働けないから」が28.5%と なっている。

(5) 現在の家内労働を継続する意思の有無

現在の家内労働を継続する意思の有無についてみると、「続けたい」が87.3%、「やめたい」が12.6%であり、男女とも8割以上が継続意思を持ち、「やめたい」は男性で17.1%、女性で12.3%である。
「続けたい」家内労働者の、現在の家内労働をする上で困っていることの有無についてみると、「困っていることがある」者は81.8%にのぼっている。 「やめたい」家内労働者では、困っている内容で最も多いのは「工賃が安い」で71.5%、次いで「仕事があったりなかったりする」が50.8%、「納期に 追われる」が21.6%となっている。

 

やっぱり全体的に、時間がある程度自由にできるから多少金額が低くても良いといったところから内職を選ばれている人が多いようです。



お住まいの地域にいい内職企業がなかったら全国どこでも出来る内職も参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*