宛名書きという内職の今を探る

手作業の内職の中で昔からある内職の一つに宛名書きという内職があります。しかし実際この内職を見つけることはかなり困難な状況です。

最近ではパソコンが広く普及しており手書きで宛名を書くことがほとんどなくなりました。そのためほとんどなくなってしまったようです。

そのため、逆に宛名書きの内職というとちょっとあやしいことが多いようです。内職を始めるために登録料を払い登録し仕事をもらうものもよく見ます。試したことがないので必ず詐欺と言う訳ではないかもしれませんが、仕事をするのに金を払うというのは一般常識から考えても変じゃないかと思います。

そんな宛名書きの中で、かろうじて生き残っているのが年賀状を書くなどの毛筆を使った宛名書きです。
例えばこんな会社↓

NOC 西日本事務センター

毛筆を使った内職は技術を伴うため多少単価が高く設定されている場合が多いです。ただ、時期が決まっているためコンスタントにできる仕事ではないかもしれませんね。

また、逆にパソコンが普及していることにより増えてきた内職がお客が申込書などに書いた住所をパソコンに打ち込むという内職です。どちらかというとパンチャーといった方が近いかもしれません。

この内職は意外と神経を使うという声がよく聞こえてきます。住所や宛名というものは間違えてしまうととても失礼にあたるもののため間違いが許されないということと、手書きで書かれた住所は意外とじの汚い人も多くすごく読み取りづらいものも多いです。また、名字は意外と読み方が分からないものも多く変換もうまくいかないため思ったよりスピードにのって入力することが難しいという話も聞きます。

仕事としてはコンスタントにあることが多いので、汚い字を読み取るのが得意な人はいい内職かも知れません



お住まいの地域にいい内職企業がなかったら全国どこでも出来る内職も参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*