内職と資格の関係

内職と資格の関係について考えてみましょう。

資格というものは、〇〇をすることができることを証明しますよというものですので普通に考えれば資格があった方が内職しやすいように思います。しかし、実際企業が内職に期待をしていることはほとんどが安い労働力になるためあまり資格が求められることはありません。

確かに翻訳の内職などの場合、英検の準一級などの難関資格を持っていた場合多少は効果があるかもしれませんがその手の内職は逆に元社員や知り合いに頼むことがほとんどで内職として一般に募集があることなど皆無です。

逆によくあるのが、「内職をするためにはこの資格が必要です。だから、この教材を買って資格をまず取ってください。」というやつです。この手の内職はまずあやしいことがほとんどですのでよくよく注意して取り組む必要があります。

結論としては、内職に資格が必要となることはほとんどないと考えてもよいでしょう逆に、資格がいるという言葉が出てきたら注意することが大切だと思います。



お住まいの地域にいい内職企業がなかったら全国どこでも出来る内職も参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*