未分類

不動産を購入する際の最も大切な1つのポイント

不動産を購入する際にもっと大切なことは、 「いい人になってはいけない。」 どうしても営業マンに対しあまり強いことを言えないと言った感じになって石舞いますが、その営業マンと一生つきあうことはありません。嫌われたっていいんです。一生に一回の買い物です。 いいひとにならず、 ・値段交渉をする  下がればラッキーです。普段値引いてなんていえない人でもとりあえず言ってみましょう。 ・いいたいことをはっきりと言う ・よわきにならない ①欠点を述べて購入を渋る→欠点を補うサービスが出てくるかも ②価格交渉する事→万一下がればラッキー ③法律を勉強する事(このホームページ程度)もしくは買主側の第三者に頼む事 ④条件は言うだけは言ってみる事→先方は「売らない」とはなかなか言わない ⑤嫌われたっていいじゃない。→営業マンと一生付き合うわけじゃないのですから。 ⑥言いたい事ははっきりと→営業マンも望んでます。 ⑦相手と根競べです→一生に何度もある事じゃありません頑張りましょう。 家を買うときだけは、いい人にならず嫌な人になってみましょう。

住宅情報誌の情報は信頼できるだろうか?

不動産を探すときまず一番に見るのが情報誌ではないでしょうか。 実はこの情報誌、落とし穴があります 不動産の情報を載せるとき編集や販売の関係上、2週間ぐらい前から準備をします。つまり、2週間前の情報が載っています。とってもいい物件であればもう売れているかもしれません。 つまり、ほんとうに最高にいい物件については情報誌にはあまり乗ってこないのです。不動産屋さん側としても情報誌に載せなくても売れる物件はあえて載せることはしません。 そういった意味では、不動産やさんと話をし始めてからが本当の不動産探しが始まると言っても過言ではないかもしれません。

不動産情報誌【suumoスーモ】を活用する3つの方法

suumo(スーモ)とは、いわずと知れたリクルートの発行する不動産情報誌です。 リクルートの不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ) このスーモは、駅などで無料で配布されており不動産情報を探している方の強い見方です。 このスーモを活用し、よりよい不動産情報を集めていきましょう。 活用法として3つ紹介します。 1.特集ページを活用する 特集ページや体験談など本来なら雑誌なんかを買って調べなければいけないようなものもたくさんあります。不動産を買うと決めたら、半年ぐらい特集ページを読み続けるだけで結構な知識が集まります。 急いでいる方なら、ホームページにアップしてある特集号だけでも目を当してみてください。 体験談など、生の声も多くあり大変役に立ちます。 2.相場を調べることができる 相場を知ることは大変大切なことです。相場よりダントツに安い場合それなりの理由があることが多いです。基本の相場を抑えておきましょう。 やっぱりネットで調べるより紙になっていたほうが調べやすいです。後情報を蓄積することでどれくらい値段が落ちていくか、どれくらい売れている地区なのかも知ることができます。   3.不動産屋さんを知ることができる やはり不動産業界はまだまだ地域の不動産屋さんが力を持っています。 ある特定の地域に強い不動産屋さんを見つける事も簡単にできます。 こんな感じで家を考えている日と必読の本です。これで無料って最高ですよね